今宮神社(いまみやじんじゃ)
疫病退散「やすらい祭」が有名
電話番号 075-491-0082 プリントする
住所 京都市北区紫野今宮町21
時間 00:00〜00:00(境内自由(ただし社務所は9時〜17時))
休み 無休
拝観・入場料 境内無料
滞在時間の目安 15分
駐車場 あり
備考 車いす可・要介添え
ホームページ
http://www.imamiyajinja.org
修学旅行パスポート優待内容  なし
 
 平安時代、疫病をはらうため船岡山で御霊会(ごりょうえ)を行ったのが神社のはじまりです。
 病気の仕組みが解明されていなかった時代、御霊の祟り(たたり)を鎮めることで健康を願ったのです。4月に行われる「やすらい祭」は太秦の牛祭、鞍馬の火祭とともに京都の三大奇祭の一つとして知られています。

<奇石「おもかる石」>
 まず軽く3回たたいて持ち上げるとたいそう重い。次に願い事をこめ、3回なでて持ち上げる。軽くなれば願いがかなうと言われています。別名「阿呆賢(あほかし)さん」と呼び病気平癒にもご利益あり。

<門前の名物・あぶり餅>
 きなこをまぶした餅を炭火であぶり、白味噌のたれをつけ、一口サイズで竹串にさしたもの。15本で1セットというのもユニーク(500円)。
 
コントローラへ入れる  閉じる