スポット詳細

金閣寺(鹿苑寺)(きんかくじ)

池の向こうに黄金にかがやく姿
電話番号 075-461-0013
住所 京都市北区金閣寺町1
時間 09:00〜17:00
休み 無休
拝観・入場料 大人・高校生400円 小・中学生300円
滞在時間の目安 20分
駐車場 -
備考 あり(有料)
ホームページ http://www.shokoku-ji.jp/k_about.html
金閣寺(鹿苑寺)

「金閣」は室町幕府三代将軍、足利義満が別荘及び外国の使節をもてなす場として建てたもの。義満は、アニメ「一休さん」の中では一休さんにトンチで負かされますが、政治や宗教、富、あらゆる意味で日本のトップに立った人でした。
 
 正式には鹿苑寺といいます。創建は約600年前ですが、昭和25年に放火により焼失。5年後に復元再建されました。金箔の張り替えに際しては、純金20キロを使用、総工費7億円以上がかけられたそうです。
 
 建物の構造を見ると、一番下の一層が貴族の住居である「寝殿造」、二層は武家の「武家造」、三層は禅宗の「仏殿造」と異なる3つのスタイルが一つの建物におさまり、その上に鳳凰が安置されています。鳳凰は義満の象徴でしょうか。
 「金閣」以外も見どころが多数。金閣寺焼失を題材に三島由紀夫が書いた小説『金閣寺』も有名。夕陽に照らされた金閣は本当にきれいです。

<関連スポット>義満の孫にあたる室町幕府八代将軍・足利義政が建てた「銀閣寺」

印刷する  閉じる