スポット詳細

天龍寺(てんりゅうじ)

足利尊氏が後醍醐天皇の冥福を祈る
電話番号 075-881-1235
住所 京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68
時間 08:30〜17:30(10/21〜3/20は17:00閉門、11/1〜11/30は7:30開門)
休み -
拝観・入場料 庭園拝観料 高校生以上500円、小中学生300円。諸堂参拝は100円の追加。
滞在時間の目安 40分
駐車場 あり(有料)
備考 車いす可。 境内「篩月(しげつ)」にて精進料理がいただける
ホームページ
天龍寺

 南北朝時代、南朝・北朝として対立していた足利尊氏と後醍醐天皇。吉野で崩御された後醍醐天皇の霊をなぐさめるために、時の将軍、足利尊氏が夢窓国師を開山として建立したのが天龍寺です。建築にかかった莫大な費用は元(中国)との貿易によってまかなわれました。のちに禅寺の寺格を定めた京都五山の第一位とされました。
 
 嵐山や亀山を借景にした池の庭園「曹源池庭園」、法堂の天井に描かれた直径9メートルの「雲龍図」など見どころの多いお寺です。
 平成6年12月には、ユネスコから世界文化遺産に認定登録されました。

印刷する  閉じる